吉岡里帆のメイク方法は?メガネ姿も可愛い!

エンタメ

京都府出身で、1993年1月15日生まれ。現在29歳の吉岡里帆さん。

童顔でかわいらしい雰囲気が魅力的です。

そんな吉岡里帆さんは、学生時代にとある映画のエキストラとして出演をしたことをきっかけに女優を志すようになったそう。今は売れっ子女優の吉岡里帆さんにも、そんな時代があったんですね!

【経験不問】エキストラスタッフ募集!芸能界でバイトしませんか?

大学時代は京都の大学と、東京の俳優養成所を行き来しながらアルバイト漬けの生活をされていたそうです。

その後、2016年日本テレビ『ゆとりですがなにか』、2017年TBS『カルテット』に出演されブレイク。『カルテット』では、猫っぽい魔性の女性を演じていたのが印象的でしたね!「どんな役だったっけ?」と思った人はU-NEXTでチェックしてみて。↓今なら全話無料で観れちゃいますよ♪

「カルテット」観るなら<U-NEXT>

最近では様々な映画にドラマ、CMなど引っ張りだこに!テレビで見ない日はないほど、活躍の幅を広げられています!

趣味は猫と遊ぶことと、新派観劇特技は書道とアルトサックスだそう。

大学は書道家を目指して、京都橘大学書道コースに進学。その腕前は八段で、プロ級といわれています。

かわいらしい雰囲気とは別に、少し意外な特技をお持ちのようです!

今回はそんな今大注目の女優、吉岡里帆さんついて調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

吉岡里帆のメイク方法は?目が大きくて可愛い!

吉岡里帆さんといえば黒髪にボブがよくお似合いの、清楚でナチュラルなイメージですよね!

yoshiokariho

男女問わず人気の吉岡里帆さん。

そんな吉岡里帆さんは特に、大きくて優しい雰囲気の目元が特徴的かと思います。

このような目元になるためにはどのようなメイクをしたらよいのでしょうか?気になる方も多いと思います。

ものまねメイクでおなじみの『ざわちん』さんも、吉岡里帆さんのものまねメイク動画を出されていました!

このメイク、吉岡里帆さんにすごくそっくりですよね!

ざわちんさん曰く、吉岡里帆さんのようなメイクにするには3つのポイントがあるそう!

ポイント1、たれ目に見せるアイラインの引き方

ポイント2、目頭切開ラインをキュッと見せる

ポイント3、太くて短いたれ眉毛を再現

吉岡里帆さんが愛用されているメイク道具についても調べてみましたが、残念ながらご本人のインスタグラムなどには使用されているメイク道具の紹介はありませんでした。

そこで参考程度に、Youtube内でざわちんさんが使用していたメイク道具について紹介したいと思います。

まずアイシャドウとして使用していたのは、「ケイト」の「モノクロームシャイン BR-2」

yoshiokariho

こちらの一番明るい色と、ブラウンの色をアイホールに塗り、

黒色部分を使用して、たれ目気味にアイラインを引くそう。

一番明るい色は涙袋としても使用。

さらにタレ目に見せるためブラウンの色を目じり3分の1くらいまで入れると、吉岡里帆さんのような大きな瞳に見えるそうです。

もう少し目元にメリハリをつけたい場合は、アイライナーでまつげの際を埋めていくようです。

そして目頭切開ラインを引く際に使用していたのが、↓「ドーリーウインク」の「マイベストライナー 濃密ブラウン」


目頭ギリギリに少し線を入れることで、自然とキュッと入った目頭ができます。

ちょっとした工夫ですがこのラインを引くのと引かないのでは、目の大きさにだいぶ差が生まれます。

そして最後に、眉毛を書く際に使用されていたのが、「オートアイブロー」「ブラウン」

yoshiokariho

こちらで、濃くなりすぎないように自然に眉毛を書いていきます。

太くて短いタレ眉毛が書ければ完成です!

ざわちんさんのメイク方法を完璧にマネすることは難しいですが、これで少しは吉岡里帆さんEYEに近づけるかもしれません!

スポンサーリンク

吉岡里帆のメガネのブランドは?

また、最近では吉岡里帆さんがインスタグラムで公開したメガネ姿がかわいいと話題に!

八角形の形が珍しく、ゴールドで細めのフチもすごくオシャレですね!吉岡里帆さんによく似合っています!

吉岡里帆さんが着用されているメガネは、「Re:See」というブランドで購入されたもののようで、

「Re:See」とは、渋谷に店舗があるアイウェアブランドで、数々の有名人も愛用しているとか。

「Re:See」には、アイウェアの価値観を、Re (もう一度) : See (見る) = 見直すという意味があるそうです。

ブランドプロデューサーのISSEIさんは、日本で唯一のグラスフィッターとして活躍されている方で、数々のドラマ、映画、広告などで著名人のスタイリングを手掛けているそう!

ドラマ『カルテット』や、TVCM(ソフトバンク、アサヒビールなど)でメガネのコーディネイトを手がける、いわばメガネのプロフェッショナルです。

とはいえ、吉岡里帆さんがプライベートで使用されているメガネなんて、すぐに人気になって売り切れてしまいそうですね!

そんな「Re:See」のメガネ、遠方にお住まいの方は「Re:See」公式オンラインショップからも購入できるそうです!楽天だとリーズナブルな価格でユーズドを取り扱っているので、こちらもおすすめ↓


気になる方はぜひチェックしてみてください!

また最近では、『メガネの愛眼』と吉岡里帆さんがコラボされた商品も発売されたんだとか!

yoshiokariho

コラボメガネは全2種類で、細目の華奢なフレームの『FUWATTY』と、少し個性的な緑のフレームが特徴的な『kohoro』があるそう。

どんなメガネでも似合ってしまう吉岡里帆さん。やはり魅力的ですね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は女優、吉岡里帆さんのメイク方法や着用しているメガネについてご紹介しました。

・吉岡里帆さんになるメイク方法については、『アイラインでタレ目に見せる』、『キュッとした目頭切開ライン』、『太くて短いタレ眉毛』を意識する。

・愛用しているメガネは、「Re:See」のメガネ

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後もドラマや映画など幅広いジャンルで活躍していく、吉岡里帆さんに注目していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました